Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

oinume journal

Scratchpad of what I learned

ruby-lintでRubyのソースを静的チェック

An English version of the post

 

自分の知る限り、RubyってPythonでいうpylintやpyflakesみたいなSyntaxh Checkerってなかったと思うんだけど、最近とある外人の人が作っているruby-lintというものを見つけたの軽く使ってみた。

 

インストール

ruby-1.9が必要。

 

$ gem install ruby-lint

 

 

ruby-lintを使ってみる

試しにこんな感じのソースをruby-lintにチェックさせてみる。

 

#!/usr/bin/env ruby

# -*- coding: utf-8 -*-

a = 'hoge'

puts "hello" + b

 

 

すると

 

$ ruby-lint hoge.rb

hoge.rb: error: line 4, column 15: undefined local variable or method b

hoge.rb: warning: line 3, column 0: assigned but unused local variable a

 

って言われる。変数 b が定義されてないエラーと、変数 a が使われてないよっていう警告を出してくれる。素晴らしい!!

 

これでRubyでのコーディングが捗りそう!まだアルファクォリティらしいけど期待大!

 

[tmkm-amazon]4774151661[/tmkm-amazon]