Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

oinume journal

Scratchpad of what I learned

MySQL 5.5をMac OSXにインストールする

MySQL

公式のバイナリを落としてインストールするのが一番楽かなーと思っている。自動起動もできるし。

 

MySQL :: Download MySQL Community ServerからMac OS X ver. 10.6 (x86, 64-bit), DMG Archiveをダウンロード。DMGを開いて mysql-5.5.25a-osx10.6-x86_64.pkg をクリックしてインストール。/usr/local/mysql にインストールされる。

 

/etc/my.iniファイルを適当に作って([permalink id=471]参考[/permalink])、mysql_install_dbで起動に必要なmysqlデータベースを作る。

 

sudo -u mysql /usr/local/mysql/scripts/mysql_install_db --basedir=/usr/local/mysql

 

 

MySQLStartupItem.pkgをクリックしてインストールし、下記のコマンドでdaemonを起動。

 

sudo /Library/StartupItems/MySQLCOM/MySQLCOM start

 

 

MySQL.prefPaneをクリック。システム環境設定のパネルからMySQLが制御できるようになるし、OS起動時にMySQLを起動させることもできる。

mysql_panel

 

mysqlやmysqladminコマンドなどをPATHに追加したい場合は、下記の内容で /etc/paths.d/mysql というファイルを作っておくと自動的にPATHに追加される。

 

/usr/local/mysql/bin

 

 

各言語のMySQLドライバをインストールして、実行時に"Library not loaded: libmysqlclient.18.dylib"というエラーが出る場合は、/etc/profile あたりに下記を追記しておくとよい。

 

export DYLD_LIBRARY_PATH=/usr/local/mysql/lib

 

 

 

[tmkm-amazon]4774150207[/tmkm-amazon]