Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

oinume journal

Scratchpad of what I learned

ブログのMySQLを5.1から5.5にバージョンアップ

5.5ってどうなんだろう?と思ったので試しにこのブログのMySQLを5.1 -> 5.5にしてみた。

 

tar.gz のバイナリを取ってきて /usr/local/mysql-5.5.13-linux-2.6-i686 に展開して /usr/local/mysql にsymlink (バージョンアップに失敗したときにすぐに戻せるように)。あとはstop start して起動するだけ。

 

/usr/local/mysql/bin/mysqld: error while loading shared libraries: libaio.so.1: cannot open shared object file: No such file or directory

 

 

って言われるので、libaioをインストール(ubuntu)

 

 

$ sudo aptitude install libaio

$ sudo /sbin/ldconfig

 

 

もう1回起動。今度は

 

110604 1:16:45 [ERROR] /usr/local/mysql/bin/mysqld: unknown variable 'default-table-type=InnoDB'

 

って怒られる。どうやら default-table-type は使えなくなったらしい。

 

default-storage-engine = InnoDB

 

としたら無事起動。

 

最後に

 

# /usr/local/mysql/bin/mysql_upgrade

 

して完了。今のところ無問題。

 

[tmkm-amazon]4774142948[/tmkm-amazon]