Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

oinume journal

Scratchpad of what I learned

bashでコマンド履歴を残さない方法

bashには過去に実行したコマンドを履歴として残しているので、CTRL+pなどでその履歴をさかのぼり過去に実行したコマンドをそのまま実行したり、ちょこっと直して実行することができます。しかし、この便利な機能は一方で、 rm などのファイルを削除したりするような危険なコマンドを、履歴からいとも簡単に実行してしまい、結果として大切なファイルを消してしまったりするようなミスを誘発する恐れがあります。

 

そんなことを考える人に「特定のコマンドだけ履歴に残したくない(=.bash_historyに残さない)という技を紹介したいと思います。具体的には

 

export HISTIGNORE='rm*:mv*'

 

のように、環境変数HISTIGNOREに履歴に残したくないコマンドを設定します。:(コロン)でコマンドを区切ることで複数のコマンドを設定することが可能です。上記の例では rm と mv を履歴に残さないようにしています。

 

実際に試してみると

 

$ touch hoge

$ rm hoge

$ history

...

98 touch hoge

99 history

 

のようにrmコマンドはhistoryには残っていません。実行前にコマンドを確認しないで、うっかり履歴からrmコマンドで必要なファイルを消してしまった、というようなオペレーションミス対策になると思うので、重要なサーバではぜひ設定してみると良いと思います。

 

[tmkm-amazon]4873113768[/tmkm-amazon]