Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

oinume journal

Scratchpad of what I learned

「謀略法廷」を読みました

ジョン・グリシャムの最新作が文庫本で発売になっていたので、すごく久々に小説を読みました。今回のこの小説は法廷モノというよりかは裁判の外での駆け引きがメインなので、いわゆる「弁護士と検事の闘い」というものではありません。

 

しかし、発癌性物質を垂れ流した企業の責任を問うための裁判に、原告として関わると一体どういうことになるのか、ということが赤裸々に表現されていてその切り口が素晴らしいと感じました。

 

一つ気になったのは、企業のトップが裁判の和解について、マスコミを情報操作して株価を操作し、株を買い漁る描写があるのですが、これってインサイダーになったりしないのかなという点。日本だったら確実にインサイダー取引で捕まってそうですが、どうなんでしょう...

 

[rakuten]book:13215973[/rakuten]

[rakuten]book:13215974[/rakuten]