Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

oinume journal

Scratchpad of what I learned

Ubuntu Linux 64bit版で32bit向けバイナリを使えるようにする

今回このブログのサーバをリプレースするにあたり、Ubuntu Linuxを32bitから64bit(amd64)にしたのですが、64bit環境で32bit向けのi386バイナリを実行する必要があったのでその方法をメモしておきます。結論から書くと

 

$ sudo aptitude install ia32-libs

 

して ia32-libs というパッケージをインストールするだけで、32bit向けのバイナリが64bit環境で実行できるようになります。

 

なんでこれが必要だったかというと、Dynamic DNSのIP更新ツールとしてDiCE for Linuxを使用していて、これだけは32bit向けのバイナリしか配布しておらず、64bit環境で実行しようとすると下記のエラーが出てしまっていました。

 

$ sudo /usr/local/DiCE/diced -e0

sudo: unable to execute /usr/local/DiCE/diced: No such file or directory

 

 

どうしたものかなと思ってググってみると、Adobe Flashなどの32ビットアプリケーションを64ビットLinux上で利用するという記事を発見して ia32-libs の存在を知りました。こういうのもちゃんとパッケージ化されていて一発でインストールできるのがDebianの素晴らしいところですね。

 

[tmkm-amazon]4861905389[/tmkm-amazon]