Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

oinume journal

Scratchpad of what I learned

SSDのマシンにUbuntu 9.04 Serverをインストール

PC

先週購入したSSDのマシンを組み立てました。SSDは2.5インチなので3.5インチ用のマウンタを買ったのですが、けっきょくネジをちゃんと締めれば必要なかったり、SATAのポートが2本しかないのにDVD-ROMがSATA接続だったり色々トラブルがあって5時間近くかかってしまいました。あと今回買ったShuttleのケースはなんとCPUファンじゃなくヒートシンクのみの構成でした。

 

CPUファンがなくてヒートシンクだけ

 

セットアップは無事完了したので、このマシンにUbuntu 9.04 Server版(amd64)をインストール。通常の7200RPMのHDDでhdparmした結果とSSDのマシンでhdparmした結果はこんな感じ。

### HDDのマシン

$ sudo hdparm -t /dev/sda

 

/dev/sda:

Timing buffered disk reads: 174 MB in 3.01 seconds = 57.84 MB/sec

### SSDのマシン

$ sudo hdparm -t /dev/sda

 

/dev/sda:

Timing buffered disk reads: 418 MB in 3.01 seconds = 138.86 MB/sec

すごい、2倍以上違う。さらにSSDはHDDより圧倒的に静かで軽いです。大きさも手のひらサイズでした。

SSDは手のひらサイズ

 

そして極めつけはUbuntuが起動するまでに約15秒しかかからないことでしょうか。え、もう起動したの?なんかバグってるんじゃない?っていうぐらい速かったです。今回購入したSSDSilicon PowerのSP064GBSSD650S25で、いわゆる「プチフリ」するJMicronJMF602のコントローラを積んでいるらしいのですが、プチフリ現象は今のところ起きてません。どのぐらい寿命が持つのかはわかりませんが、この速さは一度体感したら元には戻れない感じです。

 

 

[tmkm-amazon]4774145017[/tmkm-amazon]