Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

oinume journal

Scratchpad of what I learned

Python3に対応したtomahawk 0.7.0をリリース

Python tomahawk

久々にtomahawkの新しいバージョンをリリース。今回はずっと放置していたPython3対応(Python3.2+)をやっとこさ完了した。

Python3はいろいろ変わり過ぎていてもう諦めようかなーと思っていたんだけど、去年のPyCon APACでsixっていうモジュールを知って、「これ使えばけっこう簡単にPython3対応できるのかー」と思ってやってみた。でも実際はそんな簡単にはいかず、特にunicodeとbytesの違いでけっこうハマってしまったけど。

あとは今回のバージョンから、ReadTheDocsホスティングしてるドキュメントのテーマをReadTheDocs謹製のものにしてみた。おかげでドキュメントのかっこよさはだいぶ増したはず。

自分的には大量のリモートサーバ操作には最近はFabricを使うことが多くて、もはやtomahawkはほとんど使ってないんだけど、コマンドの出力はやっぱりtomahawkの方が見やすかったりしてまだ手放せない状態。なのでしばらくは細々とメンテナンスをつづけようかなーと。

今後はtomahawk -> Fabricの流れを作っていくために、今回のリリースでも

  • ホスト指定を-hじゃなくて-Hにしたり
  • ~/.ssh/configをちゃんと優先するようにしたり

と、割とFabricに楽に移行できるようにしていってるところ。tomahawkのいいところはFabricにも移植していきたいので、Fabricのソースも読まないとなぁ。

パーフェクトPython (PERFECT SERIES 5)

パーフェクトPython (PERFECT SERIES 5)