Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

oinume journal

Scratchpad of what I learned

Tokyo Developers Meetup 17に行ってきた

www.meetup.com

こんなイベントがあることを知って行ってきました。最初はボッチで同じテーブルの人も話しかけてくれないし、開始10分ぐらいでもう帰ろうかと思ったけど、自分から "This is the first time to come here. May I introduce myself?" と言って同じテーブルの人に話しかけたらそこから話がなんとかつながって、他の人ともしゃべるようになりました。

  • 目の前に座っていた人は日本にもう10年ぐらい住んでいて、自分の会社を持っているんだとか。そして、Haskel/Rust使いでDevOps系を仕事にしているらしい。「今どんなことやっているの?」って聞いたら「NixOSのパッケージ作ってた」って言ってて、NixOSなんてものを初めて知りました。
  • 隣の人はサンフランシスコから来ていて、Scala使いだそうで、「今日東京でScala Matsuriっていう大きいイベントやってるよ」って言ったらすごく悔しそうにしてた
  • pyconjpの理事をやりつつ日本でスタートアップをやっている人もいて、その人の会社について色々教えてもらった
  • 途中で挙手制の自己紹介タイムがあって、「会社をやってて絶賛エンジニア募集中〜(意訳)」ということを言っている人が4,5人いたので、仕事を探してる人にもいいのかも
    • disrupting JAPAN というPodcastをやっているよ、なんていう人もいた。面白そうなので聞いてみようと思う
  • 全体としては、PCに向かって作業している人もいたり、ずっと喋っている人もいたりでかなりフリーダムな感じ。たまたまフォトグラファーの人もいたので全員で集合写真撮ったり。

インド人やフランス人やアメリカ人など色んな国の人が参加していて色んなナマの英語が聞けたのと、NixOSなんていうすごいものをしれたので自分としては参加してすごく良かったです。月一ぐらいでやっているのでまた来月も参加したい。