Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

oinume journal

Scratchpad of what I learned

開発効率をUPする Git逆引き入門を読んだ

開発効率をUPする Git逆引き入門

開発効率をUPする Git逆引き入門

  • 作者: 松下雅和,船ヶ山慶,平木聡,土橋林太郎,三上丈晴
  • 出版社/メーカー: シーアンドアール研究所
  • 発売日: 2014/04/09
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログ (4件) を見る

著者の@matsukazuさんより献本してもらいました。増刷が決まったようでおめでとうございます!すごい遅くなったけど、やっと読み終わったので感想をば。

全体を通して読んで思ったのは、Git関連の本で一番やさしい本だということ。Gitの説明をするのにブランチやらそのマージやら色々解説しないといけないと思うんだけど、それが図入りでなるべくわかりやすい言葉で説明されていてよかった。あと、本をもらったときに「えっ、こんなに薄いの?」ってビックリした。というのは、Gitは機能が豊富なので細かい説明をしだすとけっこうボリュームが多くなってしまうと思うんだけど、なるべく基本的なところ以外は解説しないようにしてあの分量で済むようにしていたのじゃないかなぁ。

SourceTreeをちゃんとスクリーンショット付きで解説しているのはこの本が初めてだと思うので、コマンドに抵抗があるデザイナーなど非エンジニアの人にも安心してオススメできる本だと思う。Gitの本はまずこの本を読んで、それから次のステップとして以下のような本をよめばいいんじゃないかなぁと思う。もっとこの本が早く出版されてたら、、、と思わずにはいられない。

Gitによるバージョン管理

Gitによるバージョン管理

実用Git

実用Git