Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

oinume journal

No programming, no life

コードリーディングのためのIntelliJ IDEAショートカット

IntelliJ IDEA

自分がソースコードを読む時によく使っているIntelliJのショートカット集。もちろんWebStormやAndroid StudioなどIntelliJシリーズなら全部使えるはず。他にもこんなのがあるよ、というのがあればコメントとかTwitterで教えてもらえると嬉しい。ちなみにショートカットのキーバインドMac前提で書いてます。IntelliJのバージョンは2016.2

F1: Quick Documentation

キャレット上のシンボル(変数/関数)のドキュメントをポップアップで表示。自分は「これなんだろう?」って気になったらとりあえずF1押してる。

Opt + Space: Quick Definition

Quick Documentationに加えて、キャレット上のシンボルのソースコードも含めて下記のようにポップアップで表示してくれる。

IntelliJ IDEA Quick Definition

Cmd + P: Parameter Info

キャレット上の関数のパラメータ情報を表示。「この関数にこの値を渡しているけど、これはどういう引数なんだっけ?」を確認する時に使ってる。

Cmd + B: Declaration

キャレット上のシンボルの定義元にジャンプする。

Opt + Cmd + ←: Back

Undo last navigation operation. 最後に使ったナビゲーションの操作を一つ戻る。自分は

  • Cmd + Bで定義元にジャンプ
  • 確認したらOpt + Cmd+←で戻る

という感じでソースを読んでる。Ctrl + TabでSwitcherで戻るというやり方もあるそうなのでお好みで。

Opt + F7: Find Usages

キャレット上のシンボルを使用している箇所を表示する。例えば以下のスクショだと、errors.Internalfという関数を使っている箇所を表示している。

IntelliJ IDEA

Cmd + -: Collapse

キャレット上の関数などを折り畳む

Cmd + +: Expand

キャレット上の関数などを展開する(折り畳むのの反対)

Ctrl + Opt + h: Call Hierarchy

キャレット上の関数の呼び出し階層を表示する。その関数がどのように使用されているのかがわかるのでかなり重宝する。

余談

同僚に「Help -> Productivity Guide で使ったこと無い機能の一覧を眺めてみては」と言われて試したところ、自分が使ったことのない機能がいっぱいあった。何回ぐらいその機能使ったか、最後に使ったのはいつかを出してくれるなんて、なんて親切なんだろう。

IntelliJ IDEA Productivity Guide

あと 今井さんにQuick DefinitionとSwitcherを教えてもらいました。ありがたや〜。

次回予告

コードを書くためのIntelliJ IDEAショートカット、という記事を書く予定。

Android Studio本格活用バイブル ~効率的にコーディングするための使い方

Android Studio本格活用バイブル ~効率的にコーディングするための使い方

VPSをConoHaからVultrにお引越し

VPS

昔はブログ用のWordPressホスティングしていたVPS、今ではもうリダイレクトするためだけにNginxを動かしているだけなので、$5で1CPU, 768MBとそこそこのスペックなVultrに引っ越してみた。以下はUNIX Benchの結果。たいしたことしなければ速度的な不満はないし、ConoHaみたいにメンテナンスもない気がするので、わりとオススメ。まだ2ヶ月ぐらいしか使ってないけど。もちろんTokyoリージョンもあります。

ちなみにこのリンクを踏んでから登録してもらうと、$20分の無料枠がもらえるのよかったらどうぞ。(そして私には$30入る)

========================================================================
   BYTE UNIX Benchmarks (Version 5.1.3)

   System: <name>: GNU/Linux
   OS: GNU/Linux -- 4.4.0-24-generic -- #43-Ubuntu SMP Wed Jun 8 19:27:37 UTC 2016
   Machine: x86_64 (x86_64)
   Language: en_US.utf8 (charmap="UTF-8", collate="UTF-8")
   CPU 0: Virtual CPU 714389bda930 (4800.0 bogomips)
          x86-64, MMX, Physical Address Ext, SYSENTER/SYSEXIT, SYSCALL/SYSRET
   21:57:06 up  7:49,  1 user,  load average: 0.02, 0.03, 0.05; runlevel 5

------------------------------------------------------------------------
Benchmark Run: Sat Jun 18 2016 21:57:06 - 22:24:56
1 CPU in system; running 1 parallel copy of tests

Dhrystone 2 using register variables       29026791.2 lps   (10.0 s, 7 samples)
Double-Precision Whetstone                     2128.1 MWIPS (9.9 s, 7 samples)
Execl Throughput                               4333.0 lps   (30.0 s, 2 samples)
File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks       1177018.5 KBps  (30.0 s, 2 samples)
File Copy 256 bufsize 500 maxblocks          313427.7 KBps  (30.0 s, 2 samples)
File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks       2236331.1 KBps  (30.0 s, 2 samples)
Pipe Throughput                             2264531.3 lps   (10.0 s, 7 samples)
Pipe-based Context Switching                 346957.1 lps   (10.0 s, 7 samples)
Process Creation                              11074.8 lps   (30.0 s, 2 samples)
Shell Scripts (1 concurrent)                   7970.2 lpm   (60.0 s, 2 samples)
Shell Scripts (8 concurrent)                   1059.4 lpm   (60.0 s, 2 samples)
System Call Overhead                        3657643.4 lps   (10.0 s, 7 samples)

System Benchmarks Index Values               BASELINE       RESULT    INDEX
Dhrystone 2 using register variables         116700.0   29026791.2   2487.3
Double-Precision Whetstone                       55.0       2128.1    386.9
Execl Throughput                                 43.0       4333.0   1007.7
File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks          3960.0    1177018.5   2972.3
File Copy 256 bufsize 500 maxblocks            1655.0     313427.7   1893.8
File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks          5800.0    2236331.1   3855.7
Pipe Throughput                               12440.0    2264531.3   1820.4
Pipe-based Context Switching                   4000.0     346957.1    867.4
Process Creation                                126.0      11074.8    879.0
Shell Scripts (1 concurrent)                     42.4       7970.2   1879.8
Shell Scripts (8 concurrent)                      6.0       1059.4   1765.7
System Call Overhead                          15000.0    3657643.4   2438.4
                                                                   ========
System Benchmarks Index Score                                        1576.9

ちなみに以前使っていたConoHaのUNIXベンチ

HerokuでMySQL 5.7系を使う方法

JawsDBというaddonを使うともれなく5.7系のMySQLが使える。2016年9月現在だと5.7.11。

elements.heroku.com

HerokuのデフォルトのデータベースはそもそもPostgreSQLで、MySQLを使いたい場合はこのJawsDBもしくはClearDBの2者択一なんだけど、ClearDBの方は5.5系しか使えない。安定してる5.5を取るか、最新版の5.7のどっちがいいかは悩ましいところだけど...

3ヶ月ぶりに書いたブログ記事がこれかよ...!

Arguments to defered functions are evaluated when the defer executes

Golang

The arguments to the deferred function (which include the receiver if the function is a method) are evaluated when the defer executes, not when the call executes.

Effective Go - The Go Programming Language

I sometimes make a mistake that defered functions are evaluated when the function is called but it's wrong. Here is an example.

package main

import (
        "fmt"
        "time"
)

type wrapped func()

func main() {
        wrapper(func () {
                time.Sleep(time.Second * 3)
                fmt.Println("Hello")
        })
}

func wrapper(f wrapped) {
        fmt.Println("wrapper() start: ", time.Now().UTC())
        defer instrument(time.Now().UTC())
        f()
        fmt.Println("wrapper()   end: ", time.Now().UTC())
}

func instrument(start time.Time) {
        fmt.Println("instrument():    ", start)
}
$ go run defer.go
wrapper() start:  2016-05-23 07:28:37.474091714 +0000 UTC
Hello
wrapper()   end:  2016-05-23 07:28:40.474272645 +0000 UTC
instrument():     2016-05-23 07:28:37.474139821 +0000 UTC

If defer functions are evaluated at call time, instrument() time must be 3 seconds later.

会社のITシステムで良かったところまとめてみた

今まで勤めてきた会社で良かった社内のITシステム(?)を思い出してみた。

BYOD (Bring Your Own Device)

会社用の携帯を別途支給されるのは携帯の2台持ちになってしまってつらい。2台持ちのつらいところは

  • 単純に邪魔
  • 2台あると紛失するリスクも2倍
  • 2台あると端末の設定が面倒

あたりだろうか。BYODなら普段自分が使っている端末をそのまま使えるので便利だった。業務で使う電話については、モバチョというアプリを使うと、業務用の番号で電話がかけられる。

ただ、BYODにも問題があって、「iPhoneを探す」の設定をちゃんとやっているかを事前に確認しておかないと、端末をなくした時に色々問題が発生するので、情シス的にはその辺が課題かもしれない。

シングルサインオン

経費精算や人事関連の社内のシステムへのログインが全部バラバラだと辛いので、やっぱりシングルサインオン大事。月に1回しか使わない経費精算システムのパスワードとかメモしておくの辛いし。情シス的にも認証の口は一つにしておいたほうがアカウントをロックするにも楽なはず。

Google Apps

もう説明する必要はないでしょう。Google DriveとHangoutがいい。Google Calendarは人数が多いと辛い気がする。

セキュリティカードがSUICA/PASMO

オフィスに入るためのセキュリティカード、別途配られると財布の中にまた新しいカードが増えて嫌な感じになるけど、SUICAPASMOに登録して使えるようになってるのがけっこう良かった。もっといいのはSmartNewsのような顔認証システムだとは思う。

まともなドキュメント管理システム

数百人規模の会社だともはやConfluence一択な気がするけど、ドキュメント管理システムはないとつらい。Google Docsでもいいかもしれないけど、Word感が強くて個人的にはあまり好きじゃなかった。Qiita Teamは人数が多くて部署が多いとつらそう。